光ファイバ故障検査器具 5MW

30800円

 売り切れ 

光ファイバ故障検査器はまだ光ファイバ検定ペン、可視レーザー光源と呼ばれる。
 
機能:
ファイバ故障検査器は650nmレーザー器を光源として、低電圧と電流により駆動されて目で可視できるレッドを射出される、インターフェイスとファイバとの接続により、以下主要功能を実現できる。
1) シングルモードとマルチモードとのファイバにおけて存在する亀裂、破壊、湾曲等故障位置を容易で確実に検出できる。
2) OTDRのブラインド·スポットにおける故障に対して検出できる。
3) 端対端のファイバの識別は快速的に完成できる。ファイバ工程の工事と、ファイバ回路のメンテナンスと、光デバイスの生産及び研究の理想工具であり。
 
特徴:
    輸入オリジナルのLDユニットを採用する
    CWとMODの工作モード
    2.5mmの回転できる通用光インターフェイス
    優れた静電防止機能
    光仕事率の出力が安定性と信頼性がある
    筆型のデザインで携帯便利であり
 
仕様パらメーター
波長:650±10nm
輸出パワー(SM):5mW
測定距離(SM):≥10Km
電源:AAバッテリ―2本
電源連続作動時間≥20h
作動温度:-10~+60℃
貯蔵温度:-40~+85℃
材質:銅合金
寸法サイズ:Φ24*170mm
重量:160g(バッテリーを含まない)
外包装:レザージッパー






wabusiness template
LiveZilla Live Chat Software
LiveZilla Website Chat Software