レーザー技術

FPレーザーとDFBレーザーの違い

最近、多くの同僚が、顧客はFPレーザーとDFBレーザーの技術的知識、およびそれらの違いについてもっと知る必要があると報告しました。お客様にわかりやすく説明するために、FPおよびDFBレーザーの知識を簡単に要約します。

FPレーザー
FP(Fabry-perot)レーザーは、FPキャビティを共振キャビティとして使用してマルチ縦モードコヒーレント光を放射する半導体発光デバイスです。 FPレーザーは、主に低速および短距離の伝送に使用されます。たとえば、伝送距離は通常20キロメートル以内で、速度は通常1.25G以内です。 FPには、1310nm/1550nmの2つの波長があります。

市場には、コストを削減するためにFPデバイスを使用してギガビット40kmモジュールを製造しているメーカーもあります。対応する伝送距離を達成するために、伝送される光パワーを増加させる必要があります。長期の作業により、製品の製品を事前に経年劣化させ、使用を短縮します。生活。エンジニアの提案によると、1.25G 40kmデュアルファイバー光モジュールは、DFBデバイスを適用する方が安全です。

FPレーザー性能パラメーター:
1)動作波長:レーザーによって放出されるスペクトルの中心波長。
2)スペクトル幅:マルチ縦モードレーザーの二乗平均平方根スペクトル幅。
3)しきい値電流:デバイスの動作電流がしきい値電流を超えると、レーザーは良好なコヒーレンスでレーザーを放射します。
4)出力光パワー:レーザー出力ポートから放出される光パワー。

その典型的なパラメータを以下の表に示します。

DFBレーザー
DFBレーザーは、FPレーザーに基づくグレーティング光学フィルターデバイスを使用するため、デバイスには縦モード出力が1つだけあります。 DFB(分散フィードバックレーザー)は通常、1310nmと1550nmの2つの波長を使用し、これらは冷却と非冷却に分けられます。これらは主に高速中長距離伝送に使用され、伝送距離は一般に40キロメートル以上です。

DFBレーザー性能パラメーター:
1)動作波長:レーザーによって放出されるスペクトルの中心波長。
2)サイドモード抑制比:最大サイドモードに対するレーザーのメインモードのパワー比。
3)-20dBスペクトル幅:スペクトル幅は、レーザー出力スペクトルの最高点から20dB減少します。
4)しきい値電流:デバイスの動作電流がしきい値電流を超えると、レーザーは良好なコヒーレンスでレーザーを放射します。
5)出力光パワー:レーザー出力ポートから放出される光パワー。

その典型的なパラメータを以下の表に示します。

上記の表からわかるように、FPレーザーとDFBレーザーの主な違いは、スペクトル幅の違いです。 DFBレーザーのスペクトル幅は一般に狭く、分散型負帰還の単一縦モードです。 FPレーザーのスペクトル幅は比較的広く、マルチ縦モードレーザーです。 また、動作波長、しきい値電流、順方向電圧も異なります。

読んでくれてありがとう! これらの共有がFPおよびDFBレーザーへの洞察を与えることを願っています! CivilLaserは、同じ業界のエリートが一緒に議論することを歓迎します。また、貴重な洞察と提案を提供し、あなたと一緒に進歩することを望んでいます。 (CivilLasers.com

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

36 + = 45

Close