レーザービデオ

33dBm 高出力 イッテルビウムドープファイバ増幅器

これは33dBmの高出力イッテルビウムドープファイバ増幅器(YDFA)です。 YDFAを制御するためにRS232インターフェースを介してコンピュータソフトウェアを接続します。 設定可能なACCとAPCの2つの動作モードがあります。 これは、YDFA制御ソフトウェアのインターフェースです。 SMファイバーはデフォルトで構成されており、PMファイバーはカスタマイズできます。 冷却ファン内蔵のハイパワーYDFAで、後部がファンの吸気口です。 光ファイバコネクタの端面が焼けるのを防ぐために、光ファイバコネクタはほこりから保護する必要があります。

イッテルビウムドープファイバ増幅器(YDFA)は、1030〜1100nm帯域のレーザー信号を増幅するために使用される半導体レーザーでイッテルビウムドープファイバをポンピングすることによってゲインを生成します。 ゲインとローノイズの利点。 デスクトップYDFAは実験的な操作に便利であり、ユーザーはフロントパネルのボタンを使用してポンプ電流と出力電力を調整できます。 よりコンパクトなモジュラーYDFAも利用可能で、ユーザーのシステム統合に便利です。 デスクトップYDFAとモジュラーYDFAはどちらも、PCソフトウェア制御とシリアルポートコマンド制御をサポートできます。

これは、YDFA制御ソフトウェアのインターフェースです。

33dBmYDFAモジュールのテストレポート。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + = 13

Close