レーザー技術

SLDとLDまたはLEDの違いは何ですか?

SLDは、LD(レーザーダイオード)と同等の出力とLED(発光ダイオード)と同等の低コヒーレンスを提供できる光学デバイスであり、スペクトル幅が広くなっています。 SLDは、コヒーレントノイズを低減し、高精度な測定を実現するため、写真応用測定や医用画像など、幅広いセンシング分野で使用できます。

SLDとLD / LEDの特性の比較
次の表に、SLDとLD / LEDのパフォーマンス比較を示します。

SLDの動作原理
SLDの動作原理には、自然放出光を生成し、活性層で光ゲインを使用して光を増幅および出力することが含まれます。 次の図は、これを概略的に示しています。

SLDのスペクトル幅は、誘導放出光(LD光など)のスペクトル幅よりも広くなっています。 ただし、LED光などの自然放出光は、帯域幅が制限された光利得によって増幅されるため、SLDのスペクトル幅はLEDのスペクトル幅よりも狭くなります。 ここに示すように、SLDのスペクトル幅はLDとLEDのスペクトル幅の間にあります。 次の図は、800nm範囲のSLDスペクトルを示しています。

SLDを使用する利点
SLDを使用する利点は、そのコヒーレンスがLD光のコヒーレンスよりも低く、コヒーレントノイズを低減できることです。 たとえば、SLDを光干渉測定に使用すると、測定対象物の表面での拡散反射(スペックルノイズ)が低減されます。

特定の幅のスペクトル性能により、干渉測定用の高分解能を得ることができます。

SLDはLDのような指向性を持っているため、光を光ファイバーに集束させ、長い空間距離に送ることができます。 したがって、位置光源は、光源から遠く離れた場所に作成することができ、センシングを実行するときにセンサーが周囲温度の影響を受けにくくなります。 アンリツは、光ファイバーに光を集束させたSLDシリンドリカルモジュールとSLDバタフライモジュールを提供しています。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 1 =

Close