レーザー技術

ファイバー結合出力LDの基本原理

マルチダイシリーズ励起ファイバ結合出力半導体レーザーモジュールの原理ブロック図を図1に示します。 LD1〜LD6はレーザーダイオードユニットです。 LDから発せられた光ビームは、最初にマイクロシリンドリカルレンズによってコリメートされ、コリメートされた光ビームは、y方向に一定の発散角を持つ線形光源と見なすことができます。 〜LD6の出力ビームは、ミラー1とミラー2でそれぞれ2回反射され、ビームの伝播方向が180度回転され、複合ビームのグループが形成されます。断面の光スポットパターンは、図1の②に示されています。平行線光源のセットでは、各線光源は2つの垂直を使用して、xおよびy方向に特定の発散角を持っています(レーザーダイオードの遅軸発散角と速軸発散角にそれぞれ対応)シリンドリカルレンズ1とレンズ2を配置することで、このような合成ビームをパワー合成用の光ファイバに集束して結合することができます。レーザー駆動電流源の主な技術的指標は次のとおりです:1)出力電流は0から4Aまで連続的に調整可能です; 2)出力電圧は8から17Vまで変化します; 3)電流源の出力電流の相対的安定性は0.5%より良いです; 4)なし現在の影響; 5)LDモジュールの動作温度範囲は-45℃〜50℃です; 6)LDモジュールのレーザー波長が温度によって過度にドリフトしないように、LDダイの周囲温度は-5℃〜20℃に制御されます。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

63 + = 72

Close