レーザーニュース

小型473nmレーザの原理と実験設計

小型473nmレーザの原理と実験設計

473 nmの固体レーザーは450 nmの半導体レーザーとは異なります。
473nmレーザーは、YAG結晶、LBO結晶、および安定した473nmの青色光出力を備えた高効率の共振器内周波数逓倍青色レーザーです。

473nm実験装置:
励起光源として808nmのLDを使用し、レーザー結晶イットリウムアルミニウムガーネット(Nd 3+:YAG)に焦点を合わせるための集束レンズを提供した。
平坦な凹面鏡(出力鏡)によるレーザーキャビティの形成
これにより、946nmのパルス波出力が得られた。
LBO結晶は、473nmの青色光を得るためにキャビティ内で周波数を2倍にするために使用された。
概略図を以下に示します。
473nm laser
LDはNlightの1.5W 808nm半導体レーザーを使用し、光路は直径Φ5mm、焦点距離F = 3.5mmの短焦点集束レンズを使用する必要があります。 より高い出力およびより良いビーム品質を得るためには、コリメーションのためのレンズ光学表面フィルムシステムは以下の通りであることが必要である:平凹面鏡、凹面:473nmAR、残留反射<0.5%。
平面凸面鏡、平面:473nmAR、残留反射<0.5%。
凸:473nmAR残留反射<0.5%。
携帯性および小型化の目的を達成するために、PC板制御サイズ:42mm×14mm×14mm、
DC入力電圧:2.5〜3.6VAC、CR2リチウム電池。

実験による473nmの結論:
デバッグを通して、安定した473nmの青色光を出力することができ、発散角は≦1.5mradであり、変換効率は3.2%である高効率のキャビティ内周波数倍増青色レーザを得た。

結論
本稿では、結晶の周波数逓倍の理論について簡単に説明します。 紫外線周波数倍増に適した非線形光学結晶の特性をまとめた。 YAG結晶およびLBO結晶が選択されている。
高効率の共振器内周波数倍増青色レーザをデバッグする 3.2%の変換効率で安定な473nmの青色光出力が得られた。
したがって、半導体レーザの小型化および小型化という目的が達成される。

473nm laser

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close