レーザーニュース

405nm青紫色半導体レーザの歴史

405nmの青紫色半導体レーザの歴史

405nmレーザーは、可視光の最短波長域を代表し、HD HD DVDのワーキングバンドでもある多くの分野で利点があります。

1. 1990年代半ばに、青紫色レーザーが登場しました
青紫色レーザの開発は、DVDディスクの記憶容量をさらに増大させるために、1996年に日本で日亜化学工業からの400〜410nmの窒化ガリウム結晶青紫色レーザ半導体レーザを開発することから始まった。 その短波長のため。 焦点スポットは小さく、同じサイズのDVDディスクは通常のCDディスクの40倍、通常の家庭用DVDディスクの6〜7倍ですが、DVDに適用されるレーザー出力は非常に小さいです。 レーザー出力の継続的な拡大に伴い、1999年に3,000時間以上の寿命を持つ青紫色レーザーが導入されました。

2.いくつかの日本の大手企業が、出力と出力の拡大を加速させる青紫色レーザーを製造しようと競争しています。
2005年、日本の製造業者は青紫色レーザー製品を製造しました。 青紫色レーザーのサプライヤーであるNiChiaは、HD-DVDとBlu-ray Discの2つの競合フォーマット用のレーザー半導体レーザーを供給しています。一部のシステム会社は、この主要コンポーネントを自力で製造する予定です。 NEC、山陽、東芝、シャープはHD-DVDをターゲットにしている。

3.出力1Wの405nmレーザ製品は、2008年9月から量産されています。
2008年9月には、ディスプレイ用として出力1Wの青色半導体レーザーを発売しました。

今日、高出力青紫色半導体レーザー技術は、科学研究および工業生産用途において非常に明るい未来を迎えています。

405nm laser

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Close