レーザービデオ

976nm 9W パワフル ファイバーレーザー手術ビデオ

高出力レーザー光源は、高性能半導体レーザーチップ、105/125μmファイバーカップリング出力に基づいています。 専門的に設計された定電流駆動および温度制御回路により、レーザーの安全で安定した動作が保証されます。 一部のモデルには波長ロックがあり、スペクトルの安定性は±3nmよりも優れている場合があります。 医学研究、ファイバーレーザーポンピング、およびその他の製造テストに最適です。 デスクトップまたはモジュールのパッケージを提供でき、ホストコンピューターの監視ソフトウェアを提供できます。

これは976nm9Wマルチモードファイバーレーザーです。 レーザー出力は調整可能で、レーザー出力はボタンで制御されます。 デフォルトで105μmの光ファイバー出力を搭載しています。 ソフトウェア制御をカスタマイズでき、RS232-USBデータケーブルを使用してコンピュータソフトウェアを接続します。976nmは肉眼では見えない赤外線レーザーで、通常のカメラでかすかな赤い光点を撮影できます。

操作手順:
真ん中の四角ボタンを押して設定状態に入ります。
レーザーは、電流を調整することによって出力パワーを調整します。
左矢印と右矢印はデータビットを選択します。
上矢印と下矢印は、データビットの値のサイズを調整します。
最後に四角ボタンを押して設定を完了します。
キーをONにすると、アクティブインジケーターが点灯し、レーザーが正常に作動し、レーザー出力があります。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

56 − = 50

Close