レーザービデオ

638nm15W 高出力半導体レーザー

638nm 15W半導体レーザーシステムです。15Wレーザーは高出力で、レーザーヘッドにラジエーターを搭載しています。レーザーヘッドの下部にあるラジエーターには3つの冷却ファンがあり、高出力レーザーの連続動作時間を効果的に延長できます。電源装置の背面にあるCW/TTL /アナログには、3つの切り替え可能な動作モードがあります。 CWは連続作業モードです。 TTL /アナログ変調モードでは、1〜30KHz、0〜5Vの信号を「ModInput」BNCインターフェースに接続する必要があります。冷却ファン用のレーザーヘッドに近いデータケーブルの側面に小さな電源インターフェイスがあります。また、ロッククリスタルヘッドは引き出せません。外部信号Mod入力、CW動作モードで接続する必要はありません。今すぐ確認しましょう。

電流を調整することでパワー調整可能なレーザーです。動作電流を調整するには、「アジャスター」ノブを時計回りに回します。電流が最小動作電流を超えると、レーザーインジケーターが緑色に変わり、この時点でレーザー出力があります。 「アジャスター」は時計回りに最後まで回転します。これは、レーザーの最大動作電流と最大出力です。また、赤い「STOP」ボタンは非常停止用であり、通常は必要ありません。

これは、ファイバ結合用にカスタマイズ可能な空き領域出力モードです。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − = 14

Close