レーザービデオ

1655nm IR 長波長 ファイバー結合レーザー

これは1655nmの長波長IRレーザーです。 1655nmは一般的に使用される波長ではなく、1655nmチップで製造されたレーザーのスペクトル幅は比較的大きいです。 1655nmレーザーは赤外線不可視光であり、赤外線感光フィルムに弱点が見られます。 これはファイバー結合レーザーであり、ファイバーはプラグ可能であり、レーザーヘッドはSMA905インターフェースを備えています。ファイバー端のレーザー出力を確認してください。

レーザー出力は、電流を調整することで調整できます。
動作電流を調整するには、「アジャスター」ノブを時計回りに回します。電流が最小動作電流を超えると、レーザーインジケーターが緑色に変わり、この時点でレーザー出力があります。 「アジャスター」は時計回りに最後まで回転します。これは、レーザーの最大動作電流と最大出力です。

1655nmレーザーテストのスペクトログラム。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

31 − 26 =

Close