レーザービデオ

2つのファイバー出力を備えたASEブロードバンド光源

これは、サーキュレーターを内蔵したカスタムASEブロードバンド光源です。標準のASEとは異なり、このカスタムASEには2つのファイバー出力があります。 2つの出力ファイバーは、サーキュレーターの2番目と3番目のファイバーです。今すぐ確認しましょう。

ファイバーASE広帯域光源は、半導体レーザーポンピングエルビウムドープシリカファイバーによって生成される自発放射であるインコヒーレント光源であり、広帯域フラットスペクトルを実現するためにスペクトル平坦化技術が導入されています。光源の波長はCバンドをカバーし、スペクトルの平坦度は2dBよりも優れています。シングルモードファイバまたは偏波保持ファイバを介して出力されるため、ファイバセンシングなどのアプリケーションに適しています。

CivilLasersは、顧客のニーズに応じてさまざまなASE光源をカスタマイズできます。 Cバンド、Lバンド、C+Lバンドの波長範囲はオプションです。ファイバーはSMとPMで利用できます。サーキュレータを追加するかどうかをカスタマイズできます。出力電力は、調整可能な電力としてカスタマイズできます。ソフトウェア制御機能を追加できます。一般的なモデルはウェブページに掲載されています。特別なカスタマイズが必要な場合は、お問い合わせください

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

21 − 17 =

Close