レーザービデオ

Cバンド 多波長チューナブルファイバーレーザー

これは、モジュールにパッケージ化された波長可変ファイバーレーザーです。 SMシングルモードファイバを使用しており、PM偏波保持ファイバをカスタマイズできます。それはソフトウェアによって制御されました。ソフトウェアを開くと、ポートリストが空白になり、COM**が見つかりません。コンピュータのUSBポートドライバが正しく機能しているかどうかを確認してください。調整可能な波長の光源には、コンピューターに接続された電源アダプターとデータケーブルが付属しています。今すぐ確認しましょう。

この光源の波長調整範囲はCバンドをカバーし、最大96波長(ITU-T標準波長、波長間隔50GHz)の連続レーザー出力を実現します。高出力光パワー、狭い線幅、および高波長精度を特徴とする、統合された調整可能なフィルターと高ゲインチップ。専用の駆動制御回路とオプションの上部コンピュータソフトウェアを装備しているため、ユーザーは波長を便利に調整できます。 DWDMシステムの研究開発、ファイバーレーザー、ファイバーリンク、光デバイスのテストなどの分野で使用できます。

制御ソフトウェアのインターフェース。

テストデータレポート。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

− 1 = 1

Close