レーザービデオ

CivilLasersの1047nm100mWファイバー結合レーザー操作デモ

これは1047nmファイバー結合レーザーです。ファイバーはプラグ可能です。デフォルトは200μmFC/PCマルチモードファイバーで、他のタイプのファイバーをカスタマイズできます。電源のアジャスターノブを回して電流を調整します。LEDに表示される電流の値が大きいほど、出力レーザー出力が大きくなります。電源の背面には、CW /TTL/アナログの3つの動作モードがあります。 TTLまたはアナログを選択した場合、Mod Input(BNCインターフェース)で外部変調信号を入力する必要があります。ここでCWモードを選択します。今すぐ確認しましょう。

操作手順:
まず、レーザー出口穴の保護カバーを緩めます。これは、光ファイバーを接続するためのインターフェースでもあります。赤いボタンをオンにします。これが電源スイッチです。キーをオンにします。これはレーザースイッチです。レーザー出力をオンにします。赤外線感光板上に光点が見られ、レーザーは正常に赤外線レーザーを出力しています。
ファイバーを取り付けます。光ファイバはプラグ可能であり、ここではFC/PCインターフェイスが使用されます。
ファイバ端からのレーザー出力の影響を確認してください。



Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 5 =

Close