レーザービデオ

638nm 30W ファイバー カプラーレーザーシステム

これは、638nm 30Wの高出力ファイバー結合レーザーシステムです。 電源の背面には、CW / TTL / Analog3の動作モードがあります。 TTL / Analogを選択した場合、外部信号アクセスが必要です。 ラジエーターがレーザーヘッドの下部に追加され、レーザーの連続動作時間を延長します。 レーザーヘッドの下のヒートシンクには、3つの冷却ファンが組み込まれています。今すぐ確認しましょう。


光ファイバ出力ポートからのレーザー。

ファイバー出力ポートにコリメーターを追加し、焦点距離を調整できます。 レーザーの電源を入れ、電源の電流を調整して、レーザーの出力電力を調整します。 コリメータポートからの強い赤色のレーザービーム


Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + = 9

Close