レーザービデオ

1550nm ナノ秒 超短パルスファイバーレーザーシステム

これは、1550nmの超短パルスレーザーです。 レーザーは、パネルのボタンまたはソフトウェアで制御できます。 信号源は、内部トリガーと外部トリガーから選択できます。 現在テストされているレーザーは、内部トリガーモデルです。 パネルのボタンから信号パラメータを制御できます。 パルス幅5〜30ナノ秒調整可能。 繰り返し周波数は1から100KHzまで調整可能です。 今すぐ確認しましょう。

ナノ秒パルスレーザーは、独自の回路と光学最適化設計を使用しています。 出力レーザーパルス幅、ピークパワー、繰り返し周波数を調整できます。 動作波長と出力は安定しています。 ノイズが少ないです。 内部および外部トリガーであるモジュールタイプは、システム統合を容易にし、DTSセンシングシステムなどのアプリケーションで使用できます。

 

 

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

54 + = 59

Close