レーザーニュース

2020-2024ファイバーレーザー市場の分析と予測

2019年には、材料加工セクターの市場シェアが大きく、この傾向は予測期間中も続くと予想されます。小型電子部品の加工や製造などの要素は、市場での地位を維持するための材料加工の分野で重要な役割を果たします。ただし、希土類元素の供給制限、代替品の存在、経済成長の鈍化などのマクロ経済的要因は、予測期間中のファイバーレーザー産業の成長を妨げる可能性があります。

 

積層造形におけるファイバーレーザーの需要の増加

ファイバーレーザーは、積層造形プロセスの重要な部分です。このプロセスにより、材料の無駄が大幅に削減され、生産ステップの数が削減され、在庫の数とアセンブリに必要なさまざまな部品が削減されます。さらに、レーザー材料の堆積や選択的なレーザー溶解などの金属ベースの3D印刷プロセスでは、ファイバーレーザーを使用して金属粉末を溶接し、高品質のコンポーネントを製造します。これにより、市場のサプライヤーが積層造形プロセス用のファイバーレーザーを提供して、プロトタイプやユニークなコンポーネントを製造することがさらに奨励されます。したがって、アディティブマニュファクチャリングの需要の増加により、世界のファイバーレーザー市場は予測期間中に年間成長率13%で拡大します。

ファイバーレーザーの技術的進歩

サプライヤーは、ナノ秒パルスファイバーレーザーの開発に注力しています。これらのレーザーは、レーザーアブレーション、トリミング、マイクロマシニング、シリコン切断など、いくつかのタイプの産業アプリケーションに最適です。これらのナノ秒ファイバーレーザーは、幅広いパルス繰り返し率を提供し、安定性と信頼性を向上させます。さらに、エレクトロニクス業界では、抵抗器と導体のトリミング、セラミック基板のマーキング、透明基板からの薄層の除去などのアプリケーションで、技術的に高度なファイバーレーザーが使用されています。この開発は、市場全体の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

90 − 87 =

Close