レーザーニュースレーザー技術

マイクロチップデバイスは、世界で最も短い波長のレーザーを放出します

日本の研究者は、世界で最も短い波長のレーザーを生成できるデバイスを開発しました。ノーベル賞受賞者は、このブレークスルーが世界的な製造業の劇的な変化につながると予測しています。

レーザーは、医療および製造ツールを含む精密機器および機器で使用されます。名古屋大学と旭化成の科学者チームによると、レーザーの波長が短いほど、カットの精度が上がります。

研究者は、最短波長レーザーからレーザー発生器を作ったと言います。このデバイスは、271.8nm(1nmは10億分の1メートル)の波長のレーザーを生成できます。 2008年に報告された半導体装置の前の最短波長は336nmでした。レーザー装置は、小型の内視鏡と組み合わせることが期待されており、さまざまな目的に使用できます。

記者会見で、名古屋大学の工学教授で2014年のノーベル物理学賞受賞者である天野博氏は、「小型デバイスは世界中の製造に革命をもたらすでしょう」と語った。

チームは、デバイス用の高品質の窒化アルミニウム基板を開発し、抵抗を低減しました。世界で最も短い波長は常温で記録され、パルス電流は50ナノ秒です。現在、このデバイスは非常に短い時間しか発光しません。チームは、数年以内にデバイスを改善し、将来的に市場に投入する予定です。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

58 − = 57

Close