レーザービデオ

Lバンド多波長調整可能ファイバーレーザー

Lバンド多波長調整可能SMファイバーレーザー制御方法
Lバンド 1554~1607nm 64 波長調整可能 ファイバーレーザー 間隔 0.8nm

光源の波長調整範囲はCバンドをカバーし、最大64波長(ITU-T標準波長、100GHz波長間隔)までの連続レーザ出力を実現します。統合されたデュアルFPキャビティチューニングエタロンと高利得チップ、高出力パワー(8MW)で、狭い線幅、高波長精度。特別な駆動制御回路、高精細カラーLCDスクリーン、オプションの制御キーボードおよびホストコンピュータソフトウェアも利用可能です。ユーザーは簡単に正確に波長を調整することができます。DWDMシステム開発、ファイバレーザ、光ファイバリンク、光デバイステストなどの分野に使用できます。

Show More

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

63 − = 53

Close